ワイヤレス・トランスフォーメーション

ワイヤレスアクセスとパフォーマンスの最適化

プラットフォーム・ニュートラル・ソリューション

当社のワイヤレス・トランスフォーメーション・サービスは、評価・設計、構築・出荷、展開の3段階のプロセスをグローバルに活用し、シングル・ベンダー・ソリューションを提供することで、企業のワイヤレス・モダナイゼーションを実現します。オンサイトでの無線調査(カバレッジヒートマップ)から、最適化された設計、検証調査を伴う新しいケーブルやAPの設置まで、完全なエンド・ツー・エンドのソリューションを提供します。当社のプラットフォームニュートラルなアプローチは、特定のメーカーのソリューションに縛られることなく、お客様の目標と予算に合わせて提供します。また、当社のアプローチは柔軟性があり、お客様が必要とするサービスコンポーネントのみを活用することができるため、コスト管理にも役立ちます。

ワイヤレス・トランスフォーメーション・オファリング

  • 評価とデザイン
    • これは、最適化のためのロードマップを作成するために、お客様の無線ネットワークの現状を把握するための前段階の調査・分析作業です。無線LANの更新や新規サイトの導入の際にも同様のアプローチをとります。
  • ビルド&シップ
    • デザイン/アーキテクチャーが決定し、ハードウェアが購入されると、当社のグローバル・ロジスティクス・チームがハードウェアを保管する安全なステージング・エリアを提供し、当社のネットワーク・サブジェクト・マター・エキスパート(SME)がお客様のプロジェクト要件に合わせてデバイスを構築し、事前設定を行います。次に、設置場所に直接出荷します。
  • 展開
    • 世界中にいる数百人のフィールドエンジニアを活用して、ワイヤレスハードウェアを設置することは、私たちのコア能力のひとつです。展開プロセスの一環として、設計仕様を確認するためのポストバリデーション調査を行います。

モジュール式アプローチ

ワイヤレスサービスは、新しいオフィスや倉庫への導入、WLANセキュリティの評価、ユーザーの接続性やWLANパフォーマンスに関する問題の特定と解決、ワイヤレスの最適化など、さまざまなプロジェクトのニーズに対応します。
ワイヤレス・トランスフォーメーション・アプローチ

パッシブ/バリデーション

パッシブサーベイ(検証サーベイとも呼ばれる)は、既存のワイヤレスカバレッジとパフォーマンスを評価するために使用され、ワイヤレスサーベイの中で最も一般的な形式です。パッシブサーベイでは、サーベイクライアントは、2.4GHz帯および5GHz帯のチャネル上のすべてのWi-Fiトラフィックを静かに聴取します。
  • Wi-Fi信号の強度
  • ノイズレベル
  • 信号対雑音比(SNR)について
  • コ・チャネル干渉
  • チャンネルオーバーラップ
  • 不正なデバイス

プレディクティブ/プランナー

予測調査(プランナー調査とも呼ばれる)では、シミュレーションツールを用いてRF環境をモデル化します。施設の構造の種類、高さ、壁や大きな物体などの障害物など、正しい環境情報をモデリングツールに入力することが重要です。予測調査は、APの配置を最適化し、チャンネルの重複、干渉、ローミングを避けるための適切なチャンネル割り当てを計画するために使用されます。
  • 最も広く使われているAPモデルとアンテナ
  • バンドとチャンネルの設定
  • パワー設定、高さ、角度
  • 減衰ゾーンと壁の種類
  • カバー率が飽和しているエリア

AP-on-a-Stick

このタイプの調査では、あらかじめ決められたアクセスポイント(AP)のRF信号の伝搬特性を測定します。時間はかかりますが、最も正確な調査の一つです。無線技術者は、オフィス、倉庫、施設内の指定された場所にAPを物理的に設置し、その性能を測定します。このプロセスは、カバレッジやプロジェクトの品質が満たされるまで繰り返されます。
  • AP配置の最適な場所を決定する
  • 望ましい最小信号強度とSNRで、必要なすべてのエリアをカバーしていることを確認する
  • クライアントのローミングのために適切なカバレッジのオーバーラップが存在するようにする
  • 実際のAPのパフォーマンスを検証

RFスペクトラム解析

RFスペクトラム解析は、WLANネットワークを妨害し、パフォーマンスを低下させるいくつかの非WLANソース(非802.11トラフィック)をリアルタイムで検出・識別します。専用のアンテナと関連ソフトウェアを使用して、スペクトラム分析は、非WLANデバイスやその他多くのRF干渉源を個々に検出、識別し、場所を特定するのに役立ちます。
  • リアルタイムの高速フーリエ変換(FFT)により、RF信号のレベルを確認できる
  • スペクトラム・デンシティ(Spectrum Density):ネットワークを長期的に見ることができ、頻度の低い送信を特定できる。
  • スペクトログラムグラフは、RF環境の履歴をスクロール表示し、WLANネットワークの問題を引き起こす可能性のあるRFエネルギーの断続的なスパイクやバーストを確認することで、時間経過とともにスペクトルを視覚的に理解することができます。
  • Interference Power - このグラフは、選択されたチャンネル上の干渉機器の平均パワーを表示します。