エンタープライズ・ネットワーク・ディスカバリー・ツール

ネットワークディスカバリー

ネットワーク上のデバイスを自動的に検出し、ネットワーク管理下に追加することができます。

ネットワーク環境の管理強化

今日のネットワークは、企業の内外に物理的および仮想的なIT資産が存在するダイナミックなものとなっています。Entuity™は、変化する要件や進歩する技術に迅速に対応することができます。ソフトウェア機能のAutomated Network Discoveryを使えば、ネットワーク管理システムにこれらのデバイスを迅速に発見、追加、設定することができます。

  • L2とL3のネットワークディスカバリー
  • SNMP v1,v2c,v3対応
  • トポロジーマッピング
  • カスタムポーリング機能
  • デバイスやベンダーに依存しない
  • CMDB統合のためのRestful API
  • お客様のビジネスに合わせたディスカバリーのスケジュール
ネットワークディスカバリーソフトウェアの例

より深いネットワーク制御

  • ネットワーク機器の自動検出

    Entuityの自動検出ツールは、時間を節約し、ネットワーク上のすべてのものが説明されているという安心感を与えてくれます。

    • 合理的な方法でデプロイを完了する。
    • 新しいデバイスをすぐに把握することができます。
    • コストのかかる情報格差や、古い在庫情報によるパフォーマンスへの影響を回避することができます。
  • ネットワークの変化を把握する

    Entuityのネットワーク・アセット・ディスカバリー・ツールのスナップショット機能では、ネットワークのデバイス・インベントリのスナップショットを手動で作成したり、スケジューリングしたりすることができます(インベントリ全体ではなく、ビュー単位でのスナップショット)。スナップショットとレポートの両方をスケジュールすることで、ますますダイナミックになっていく環境の中で、ネットワークがどのように変化しているかを監視するプロセスから手作業を取り除くことができます。

  • カスタムデバイスの導入・追加

    Entuity ソフトウェアでは、さらにデバイスファイルからデバイスをインポートすることができます。デバイスファイルは、SNMP v1、v2c、v3 形式でインポートできます。また、Entuity が管理していないが、Entuity 内で表現したいデバイスを表すカスタムデバイスタイプを追加することもできます。当社のネットワーク・ディスカバリー・ソリューションの柔軟性は、お客様がネットワーク上のすべてのデバイスを発見し、最新の状態を維持することから始まります。

ネットワーク資産発見ツールのダッシュボード

継続的かつ自動化されたデバイスディスカバリー

  • UIやコマンドラインからのパラメータ指定

    自動検出は、UIまたはコマンドラインのいずれかから、お好みに応じて利用できます。この強力なツールでは、自動検出のパラメータを指定して、ENAが必要なデバイスを確実に検出することができます。Entuity が管理下に置くデバイスを特定する際に使用する自動検出のデバイス、IP アドレス範囲、および/または IP サブネットを指定し、検索に含めたくないアドレス範囲や SysOID を除外します。この方法で検出されたデバイスは、自動的にインベントリに追加され、管理下に置かれるか、またはキューに残され、必要に応じてレビューされた後、ボタンをクリックするだけでインベントリに追加されます。

  • 継続的に更新されるデバイスの視認性

    ネットワーク上でデバイスが追加、削除、または変更されると、その詳細がキャプチャされ、Entuity CMDBに保存されるため、ネットワークのユニークな履歴情報が得られます。この継続的に更新される可視性により、使用されなくなったことを知らなかったデバイスの年間保守コストを回避することができます。

  • 存在しないはずのオブジェクトを探す

    発見を自動化することのもう一つの利点は、ネットワーク上に存在しないはずのオブジェクトを発見できることです。このような不正なデバイスは、意図せずに追加されてしまうため、気づかれずに終わってしまう可能性がありますが、手動でネットワークをチェックして不正なデバイスを発見する手間を省くことができます。このような不正なデバイスは、セキュリティ上のリスクがあったり、許可なくインストールされている可能性があります。

エンタープライズ ネットワーク ディスカバリー サービス ダッシュボード

あなたのネットワークのシングルペインオブグラス

Entuity™は、すべてのコアネットワーク管理機能を1つのソリューションに集約し、シングルユーザーインターフェースを採用しています。デバイスの発見、インポート、追加、管理に使用する属性の変更、管理からの削除を行うことができ、デバイスのインベントリページにすべてのデバイス管理および管理オプションがまとめられています。

Entuity のソフトウェアは、ネットワーク・デバイスに素早くアクセスし、深く可視化することができます。アクセスは権限ベースなので、誰がデバイス管理を編集できるかを指定できます。

重要なデバイス情報が一目でわかる「デバイス一覧」ページ
  • インターフェースに表示されるデバイス名
  • ポーリングされた名前(IPアドレスを含む
  • 説明
  • デバイスの位置
  • 機能(例:ルーティング、ルーティング&スイッチング、なし、不明
  • デバイスタイプ(例:ルーター、VMプラットフォーム
  • マネジメントレベル
  • IPプロトコル
  • デバイスがサポートするSNMPバージョン
  • デバイスのSNMPエージェントがリクエストを受信するポート
  • デバイスが認証されている場合、または認証されていない場合
  • pingでデバイスに到達可能な場合
自動ネットワーク・ディスカバリー・ソリューション・ダッシュボード