サービス終了時期一覧

EOSLライブラリー全体の検索
ネットアップ
    No upcoming dates available
パロアルトネットワークス
アリスタ・ネットワークス
    今後の予定はありません
インテル/QLogic
    今後の予定はありません
サービス終了のお知らせをお見逃しなく
EOSLの最新情報をメールでお届けします。

ハードウェアの耐用年数の理解

データセンターのハードウェアのすべてのライフサイクルフェーズに対応します。
ハードウェア機器の耐用年数を理解するには、OEMごとに異なるため、混乱することがあります。 Park Place Technologies 当社では、データセンターのメンテナンスやサポートを計画する際に知っておくべき4つの重要な段階に絞っています。
  • 1
    一般発売日または販売日
    General Availability(GA)とは、そのハードウェアが市場に投入され、購入可能になった状態を指します。ハードウェアとソフトウェアのサポートが受けられます。
  • 2
    エンドオブライフまたはエンドオブセール(EOL)
    ハードウェア機器がEOL(End of Life)またはEOS(End of Sale)に達すると、OEMがその機器の生産や販売を終了することを意味します。OEMがEOLまたはEOSを発表すると、一般的に5年間の段階的廃止が始まります。なお、この時点でもハードウェアやソフトウェアのサポートは受けられます。
  • 3
    開発終了(EOD
    ハードウェアのEOD(End of Development:開発終了)は、OEMがそのデバイスのOSの開発・生産を終了した時点で行われます。ソフトウェアのアップデートやファームウェアのパッチが提供されなくなります。また、この時期になると、契約やサポートの更新ができなくなります。
  • 4
    サポート寿命の終了(EOSL
    EOSL(End of Support Life)は、データセンター機器のライフサイクルの最終段階です。この時点で、OEMはハードウェアの販売、OSアップデートの提供、およびサポート契約の更新を終了します。